【長い沈黙を破って】
  1年以上ぶりになってしまったこのDRIVE to CREAMSですが、別にサボっていたわけではなく、企画ツーリングなどでイッパイイッパイになっていたのでした。スミマセン。
  というわけで今回の企画はフルモデルチェンジしたCBR600RRが入荷したこともあり、ならし運転も兼ねて長距離のインプレッションを敢行すべく天草経由霧島日帰りツーリングを計画。しかし雨天の為2度ほど延期。不安定な天気予報のため翻弄されたが、突然の『晴れ』予報に急遽飛び出した。
 今回同行していただいたのは、3台目の同型のCB1300をご購入されたばかりの松山さん。今回は慣らし運転かねての参加。このCBはETC装備なので、高速のゲートをスイスイッと通過。
【またしても天気に翻弄される】
  午前5:30長崎自動車道を諫早ICまで走り、午前7:10の 九商フェリーに乗り込んだ。天気は少々曇っていたのだが、雨が降る気配は0%。確信しながらも船内の天気予報に目を向けると、なんと「霧島方面午後から雨80%の確率」!! ぎりぎりまで 引き返そうかと思ったが、せっかく早起きしたのに戻って通常業務はつらいので何とか代替案を模索。結果九州北部は「晴れ」を確信し北部ルートに変更。フェリーの中でルート変更案を練り、「柳川・嬉野ルート」を決定。

 ここ柳川はまち中を水路が張り巡らされ「九州のベニス」と言わんばかり。古くから川遊びを楽しむ風習があり、今でも川舟に乗って水郷柳川の街を散策できる。また、詩人北原白秋も有名で『北原白秋記念館』や美しい日本庭園で有名な『松涛園』がある。

 

 


 自分のCB1300SBも新車で納車したばかりだと言うのになぜか新型のCBR600RRに乗りたがり、熊本港に着いたときからずーっとバイクを交換してのドライブ。しかもニコニコしながら「これいいねぇ」を連発。松山さんこっち買えばよかったですね。
雨を覚悟していたのに打って変わっての日差しに少々疲れ気味!?↑
 
トップページ ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ショップ データ ルート バックナンバー