トップページ ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ショップ データ ルート バックナンバー
【なにっ!うなぎが食べれない】
  柳川と言えば『うなぎのせいろ蒸し』が有名。せっかく柳川に来たのだからうなぎ食わなきゃと思っていたらなんと松山さん魚がダメ! ゲストに嫌いなもの食べさせるわけにはいかないし、うなぎのせいろ蒸し紹介しないと記事に困るしと悩んだ挙句、『牛鍋』があるお店に入ることで解決。
 御花松涛園近くの堀割のある通り沿いに佇む昔をしのばせる建物の皿屋『福柳』。中に通されると外観からは想像つかない南蛮風な店内。BGMのJAZZが良く似合う。でもここで「うなぎ」なんだよね?と自問自答しながらも箸を進める。やわらかく香ばしいうなぎ、タレで蒸されたご飯。少しもち米が入っているのかモチッとした食感。松山さんの注文した牛鍋もボリュームがあって二人とも満足のお昼ご飯だった。

【お土産も買っとこう!】
  今朝まで霧島に向かう予定だったので、まったく柳川の地の物の情報を仕入れてなく行き当たりばったりでの取材になったので、以前食べたことのあった『越山餅』をお土産として買って帰ることにした。柳川の中心京町にある『梅花堂越山』の越山餅は精製しらたまで白あんを包んだもので、しっとりとしてほっぺたのような食感。砂糖に四国産の和三盆を使用したぜいたくな和菓子である。

 川下りは1時間コースや30分コースが選べ、堀割沿いの名所を案内してくれる。また、冬場はこたつを用意してくれるので暖かく巡ることが出来る。

 

 

 

 

 

 あれだけ心配していた雨も嘘のように青空が広がり暑いくらいになってきた。柳川をあとにした私たちは筑後川を越え、国道444号線を武雄方面へバイクを走らせた。