『CBR250RR』を、出力向上やアシストスリッパークラッチの採用など熟成を図るとともに、カラーリングを変更